愛知県小牧市・春日井市 行政書士船橋洋子のペット遺言 ご相談ナビ

お問い合わせ窓口 TEL 0568-76-2687 FAX 0568-76-2898 月~金曜日(祝・祭日を除く)AM9:00~PM19:00

ペットへの遺言 ゆいごん

「貴方の死後・・・愛するペットに遺してやれること」

これから益々少子高齢化がすすむ一方、ペットを家族の一員として生活している人が増加しています。
一人暮らしの孤独をペットで癒す人も多くなることでしょう。
しかし、万が一飼い主ご自身がペットより、先に亡くなったら・・・健康上の理由でどうしても飼い続けることができなくなってしまったら・・・残されたペットはどうなるのでしょう。

貴方には、愛するペットの将来を安心して託せる人がいますか?

現在の法律ではペットに財産を与えたり相続させたりすることはできません。
しかし、貴方が信頼できる人にあなたの大切なペットの世話を託す遺言を残すことによって、ペットの将来を守ってあげることは可能です。
では具体的には、どうすればよいのでしょう。
そこで私、船橋洋子は、「遺言書」と「契約書」の2つの方法を提案いたします。
ペット遺言のことならお気軽にご相談ください。

ペット遺言のご説明へ

犬